事業所スタッフ

※写真をクリックすると、スタッフのメッセージが表示されます!

りえ先生

保育士
訪問介護員2級

ひろき先生

スクールマネージャー

たけし先生

社会福祉主事
交流分析士2級
知的障害者移動介護従業者資格
児童発達支援管理責任者

けい先生

社会福祉主事

さちえ先生

児童指導員

じゅん先生

社会福祉主事
保育士
相談支援従業者
児童発達支援管理責任者

ゆきこ先生

社会福祉士
訪問介護員2級
スクールアシスタント

あいり先生

スクールスタッフ

いくみ先生

児童発達支援管理責任者
高等学校教諭
一種免許状(商業科)
訪問介護員2級

みやび先生

スクールスタッフ

ひろゆき先生

スタッフ

のりお先生

訪問介護員2級
全身性障がい者ガイドヘルパー

おさむ先生

上級救命技能

さち先生

養護教諭第一種免許、保育士

みさき先生

社会福祉士

ゆうき先生

心理学検定2級、認定心理士、
養護教諭第一種免許状、
児童指導員、身体障害者福祉司、
知的障害者福祉司

みつる先生

スクールスタッフ

あいか先生

スクールスタッフ

よしひと先生

スクールスタッフ

かずよ先生

中学校教諭第一種免許(音楽)、
高等学校教諭一種免許(音楽)、
特別支援学校教諭二種免許、
中学校教諭一種免許(英語)、
高等学校教諭一種免許(英語)

かえで先生

児童指導員

よしひさ先生

スクールスタッフ

まさかず先生

中学校教諭第一種免許、
高等学校教諭第一種免許、
養護学校教諭第一種免許、
訪問介護員2級

こうき先生

児童指導員

だいち先生

中学校教諭第一種免許状(国語)、
高等学校教諭第一種免許状(国語)

かずみ先生

中学校教諭第一種免許状(国語)、
高等学校教諭第一種免許状(国語)

せつこ先生

幼稚園教諭、
保育士

ゆきこ先生

幼稚園教諭、
保育士

あきこ先生

幼稚園教諭、
保育士、
重度訪問介護従業者講習受講者

かずみ先生

介護福祉士

まさみ先生

スクールスタッフ

ちから先生

児童指導員

りえ先生

保育士
訪問介護員2級

保育園や放課後等デイサービスにて約3年の勤務経験。

保育士や放課後等デイサービスでの指導員として子ども達と直接関わる仕事をしてきました。
ただ子ども達と楽しく遊ぶだけでなく、子ども達一人一人に今どんな教育、または療育・支援が必要なのかを考えながら、子ども達と接してきました。

ファーストドリームでは「学・遊・働」というテーマを持って、お子様の「夢の実現」を目指しています。
私はファーストドリームの療育支援テーマである子ども達が「学」んで、「遊」び、将来一人立ちして「働」くことができる環境を提供する為に、全力でサポートして参ります。
特色を持った3つそれぞれのスクールをご利用頂くことで「学・遊・働(がく・ゆう・どう)」を効率良く身に付けることができると考えています。
【療育への想い】
私自身も子どもを持つ親として保護者様、特にお母さん目線でのニーズ・ウォンツを最大限取り入れた療育・支援を行っていきたいと思います。

具体的には、子ども達をただ預かるだけでなく、例えば自分で宿題ができる、自分で身の回りのことができるといった子ども達の自立、成長を全力で支援していきたいと思います。

優しさの中にもある程度の厳しさを持って、母親的な関わりから子ども達との信頼関係を結び、子ども達をより良い方向へと導いてあげられるような療育・支援を目指していきます。
私はファーストドリームのスクール理念である「夢に向かって社会に羽ばたける子を育む」ために、個々の克服したい事項を保護者様から聞き取り、お子様1人1人の目標・課題に合った療育・教育支援を行いたいと思います。
こうした日々の療育・教育の中で、お子様の成長を保護者様と一緒に共有し、喜びを分かち合っていきたいと思います。

ひろき先生

スクールマネージャー

学生時代に学習塾の講師(アルバイト)として小1~中3を対象に1対少数での学習指導を3年経験。子供達の教育に熱い思いを持つ広範囲にスクール業務全般を担うスクールマネージャー。
【ファーストドリームへの想い】
元々子どもが好きであることに加え、学生時代に学習塾で小学生~中学生までの学習指導を行っていた経験もあり、子ども達の「できた」「わかった」という想いをサポートしたいと思って、ファーストドリームを選びました。
お父様、お母様の真のニーズを汲み取ることを一番として、子ども達だけでなく保護者様との連携を大切にした教室にしていきたいと思います。
またスクールマネージャーとして、ファーストドリームの掲げる『学・遊・働(がく・ゆう・どう)』の真のテーマ実現を目指し、スクールの拡大やスタッフ教育など、スクールの質の向上を目指していきます。

たけし先生

社会福祉主事
交流分析士2級
知的障害者移動介護従業者資格
児童発達支援管理責任者

知的障害者通所更生施設、老人ホーム、グループホーム、デイサービス、障害者就労支援事業など多数の福祉・介護事業を合計9年経験。

知的障害・重症心身障害者や高齢者への日常生活の介護・介助や知的・精神障害者への就労支援業務など、幅広い肩を対象に様々な角度からの社会性向上に向けた支援を行ってきました。
【保護者の皆様へ】
2015年7月開校の江戸川区瑞江にあるファーストドリーム瑞江の児童発達支援管理責任者。
ファーストドリームではソーシャルスキルトレーニングを始め、工作活動、クッキング、英語や音楽などの文化活動、博物館や公園などへの課外活動など、様々な活動を行っています。

それぞれの子ども達は興味・関心のポイントが違ったり、得意・不得意があったりしますが、それでも分け隔てなく、活動に参加してもらうように支援しています。
様々な成功や失敗を経験することで、社会に出たときに本当に役立つ力を身に付けてもらいたい、他の子ども達との関わりの中で人と接することの楽しさを学んでほしいという想いで日々活動しています。
興味のある方は是非一度教室をご見学ください。

けい先生

社会福祉主事

障害者総合福祉センターにて16年間勤務。

子どもから大人まで幅広い年代の障害を抱えた方たちの日常生活における介助業務を行ってきました。
肢体に不自由のある方から知的な障害を抱えた方、いわゆるグレーゾーンと呼ばれる方まで様々な方と接してきましたので、ファーストドリームでもその経験を活かしていきたいと思います。
【ファーストドリームへの想い】
発達に心配のある方が幼少期に何ら支援を受けずに大人になってしまった様子を見ていると、子どものうちに適切な療育・支援を受けられていればという想いを持って、前職では働いていました。

そういった境遇にある子ども達に早期に支援の手を差し伸べてあげることで、不登校や引きこもりなどの社会から離れていってしまう子どもを無くしたいと考えています。大人になった時に社会に馴染めるよう、自立した生活ができるように日々子ども達を支援していきたいと思います。

さちえ先生

児童指導員

保育園、学童クラブでの2年の勤務経験。

保育園や学童クラブで子ども達と遊んだり、勉強したりと保育の仕事に携わってきました。
今までたくさんの子ども達と接する中で今思えば、発達に心配があり、適切な療育・支援を要すると思われる子ども達もたくさんいた中で、そういった子ども達にしっかりした個別ケアを行き届かせたいと思って、ファーストドリームを選びました。
【子ども達への想い】
私は書道師範の免許を持っています。
書道には心を落ち着かせる力があり、感情のコントロールが苦手な子ども達や集中力が足りずに動き回ってしまう子ども達への支援には最適であると思っています。

また書道に興味を持ってもらうことで、読み書きの苦手な子ども達にも文字を書くことの楽しさを知ってもらうこともできると思っています。
私の長所である「書道」を通じて、子ども達の成長を手助けしていきたいと思います。

じゅん先生

社会福祉主事
保育士
相談支援従業者
児童発達支援管理責任者

保育園で3年勤務、知的障害者入所施設で6年の勤務経験あり。
放課後等デイサービスの児童発達支援管理責任者としての勤務経験もあり。

福祉・児童福祉分野で子どもから大人まで幅広い年代の方への介助・相談支援業務を 行ってきました。

放課後等デイサービスでの児童発達支援管理責任者として子ども達の個別支援計画の 作成や支援方針の決定業務も行ってきました。

将来の可能性を多く秘めた子ども達への支援がしたいと思っています。
ファーストドリームで夢に向かって社会に羽ばたく子どもを育んで参ります。

【子ども達への想い】
様々な障害者向け施設で勤務してきましたが、子どもの持つ無限の可能性を大切に し、のびのびとその子らしく、その子の望む生活が送れるように支援していきたいと思い、児童福祉の分野で働くことを決意しました。

大人の考えを押し付けるのではなく、子ども達のやりたいこと、得意なことを見つけ、それを子ども達と一緒に伸ばしていきたいと考えています。

そうすることで、『子ども達が自信を持って様々なことに挑戦したい』という気持ちを育んでいきたいと思います。

様々なことを経験することで、将来社会に羽ばたいていく為の力を育てていきます。

ひとみ先生

小学校教諭2級普通免許
訪問介護員2級

区立小学校で、障害児童介助員として約2年半の勤務経験。

区立小学校の通常級のクラスに通いながらも、学習面・生活面で補助が必要な子どもの介助を行っていました。
発達に関して、身体的・知的に心配を抱えるなど様々な子ども達と関わってきました。
具体的には歩行・移動の補助、排せつ介助などに加え、学習支援も行っていました。

私自身も子どもを持つ親として、子ども達へより専門性の高い支援を行ってまいります。
【療育への想い】
子ども達一人一人のできること、できないことを汲み取り、その子に合った支援をしていきたいと思っています。

今まで小学校で障害児童介助員として勤務する中で、多くの子どもが特別支援学校・特別支援学級に通うまでではなくとも学習面や生活面で他の子に遅れをとってしまっている様子を見てきました。

子どもの得意なことは最大限褒めて伸ばしてあげるのはもちろん、苦手なこと・できないことは無理に挑戦させるのではなく、どうすればその子にもできるのかを考え、その子に合ったハードルを設定してあげることがその子自身の助けになると思っています。

ファーストドリームで、その子でもできる「学」びや「遊」びを提供し、将来自立して「働」くための力を身に付けさせることが本当の意味での子ども達への自立支援であると考えています。

ゆきこ先生

社会福祉士
訪問介護員2級
スクールアシスタント

大学では人間文化学科で社会福祉コースを専攻。
共生社会の実現を目指した障害児教育に関する研究に力を注ぎ、 小学校の特別支援学級のボランティアを行い、福祉まつりや特別支援学級の行事等で障害児に付き添う介助員としてボランティアに参加し、
人と人との出会いが地域福祉を活性化させ、人を支えていく力になるということを実感しました。
「1人でも多くの人を笑顔にする」という信念のもと、発達に心配のある子ども達へ付き添う介助員の経験を活かし、一人一人の子どもへ寄り添い、一人一人の気持ちの変化に共感し、お互いの気持ちを共有することでお子様の成長を手助けしていきたいと思います。
他者との関わりが苦手な子ども達にも人と人との繋がりの大切さ・喜びを感じてもらえるように支援していきます。

【療育への想い】
一人でも多くの子ども達の笑顔を作り出したいと思っています。
その子の苦手な分野、成長においてハードルとなる部分にばかり目を向けるのではなく、一人一人の持つ強みを大切にしていきます。
そうすることで自信を持って社会で生きていける子を育んでいきたいと思います。

発達に心配のある子ども達への特別支援が社会から分離されるのではなく、世の中の人たちにより理解され、社会全体で子ども達を支援していける環境を作っていきたいと思います。

あいり先生

スクールスタッフ

訪問介護、訪問入浴といった介護職、放課後等デイサービスでの勤務経験があります。

訪問介護では重度障害の方、足腰の不自由な方など幅広い方を支援してきました。
放課後等デイサービスでは、ファーストドリームと同様に発達に 心配のある子ども達に対する学習支援や社会性を育むための自立支援を行ってまいりました。
幅広い年代、様々な障害を抱えた方へ支援してきた経験を活かし、挨拶やマナーの習得はもちろんのこと、
子ども達が自分をきちんと表現できるようになることで社会にうまく馴染めるよう子ども達の自立を支援していきたいと考えています。

【療育への想い】
大人から子どもまで年齢はもちろん、身体障害・知的障害など様々な障害を抱えた方々の支援を行ってきました。
特に子ども達は将来に向けてたくさんの可能性を秘めております。
「野球選手になりたい」「お花屋さんになりたい」「お父さん、お母さんに大きな家を買ってあげたい」
そんな子ども達の夢を叶えてあげるためにもその子自身が生きやすい環境を整え、 心の不安を取り除いてあげる必要があります。
子ども達の可能性をさらに広げていく為には、子ども達自身への支援だけでなく、 ご家庭や学校生活など子ども達を取り巻く環境にも目を向けて支援していく必要があると感じております。
今までの経験を活かし、子ども達自身の社会性を育み、
子ども達が笑顔で社会に羽ばたけるよう支援するのはもちろんのこと、 お子様に対するお悩みを抱えた保護者様の力になれるよう包括的な支援を目指してまいります。

かずは先生

スクールスタッフ

保育園、幼稚園、放課後等デイサービスでの勤務経験が2年あります。
専門学校で幼児教育を学び、実際に現場でたくさんの子ども達と関わりを持ってきました。
発達に心配を抱える子ども達は、大人が思うのと同じように子ども達自身も周りとうまく馴染めず生き辛さを感じています。
そんな裏表のない子ども達の素直な想いを受け、その想いに共感したり、 その環境を変えたりと子ども達が生きやすいよう子ども達の想いに応えてあげたいと次第に強く思うようになりました。
子ども達をただ注意するのではなく、何が原因でどうしてそういった行動を取ってしまうのか、 子ども達の想いを良く聞き、それを受け止めることで一歩ずつ子ども達の成長の手助けをしてあげたいと思っております。

【療育への想い】
子ども達自身の行動や社会性に対する療育はもちろん、ご家庭への支援も大切にしていきたいと考えています。
ご両親ともにお仕事をされている家庭ですと、
子ども達への愛情はあっても子ども達と関わりを持つ時間が少なくなってしまうこともあり、
実際にそのようなご家庭も数多くいらっしゃいました。
そういったご家庭に対して、ご家族の負担を少しでも軽減し、不安や悩みがあれば真摯に耳を傾け、
一緒にお子様だけでなくご家族にとって一番良い道を探していきたいと思っています。

いくみ先生

児童発達支援管理責任者
高等学校教諭
一種免許状(商業科)
訪問介護員2級

有料老人ホームでの介護経験が5年半あります。

介護職では主に認知症の方々に対する支援を行ってきました。
その他にも身体障害など、様々な症状を抱える人たちに接する中で、幼少期・学齢期にもっと個々人にあった支援を行 っていれば、症状を緩和させ、上手に障害と付き合って生きていくことができるのではないかと強く思っています。
高等学校の教員免許も保有しており、生活面に限らず、
学習面においても子ども達の成長の手助けをしていきたいと思っております。

【ファーストドリームへの想い】
今まで介護職員としてだけではなく、いろいろな経験をしてきました。
その力を発揮し、子ども達へより良い療育を提供することのできるファーストドリームのような事業所をもっと多く展開していきたいと考えています。
一人一人の子ども達に向き合い、その子の特性を伸ばし、苦手なところを克服していくのと同時にたくさんの子ども達を支援することのできる社会づくりを目指しています。

みやび先生

スクールスタッフ

保育園にてボランティアをしていた経験があります。

【子どもへの想い】
学齢期に通っていた小学校に特別支援学級があり、その頃から発達に心配のある子への支援に関心がありました。保育園でのボランティアや大学でのサークル活動を通じて、子ども達や発達に遅れのある方々と接してきました。
子ども達と接する中で、専門的かつ適切な支援を受けることができれば、その子達がもっと生きやすくなったり、夢を持ったりとその子達自身の持つ可能性が広がるのではないかと思うようになりました。
ファーストドリームで一人一人の子ども達と向き合い、それぞれの子ども達が持っている夢の実現をサポートしていきたいと思います。

ひろゆき先生

スタッフ

大学病院等で事務職員としての勤務経験がございます。
お子様の送迎は、大切なお子様をお預かりする重要な仕事ですので、常に安全運転を心がけ、いつも安心してご利用頂ける環境を整えて参ります。

【ファーストドリームへの想い】
発達に心配のある子ども達に対しては、苦手なこと・悪いことに目が行ってしまいがちですが、得意なこと・できることを見つけ、伸ばしてあげられるスクールが重要だと感じています。
子ども達の強みを伸ばすことで子どもたちは自信が付き、今までできなかったこと・避けてきたことにも挑戦する勇気を持つことができます。
このような取り組みをお子様が小さい頃から一つ一つ行っていくことが子ども達の将来のために大きな力になると信じております。

のりお先生

訪問介護員2級
全身性障がい者ガイドヘルパー

訪問介護の仕事を約3年間行ってきました。
一人一人の特性に合わせた介護・支援を行い、その人が少しでも生きやすく、自分らしく過ごせるように支援を行ってきました。

【ファーストドリームへの想い】
様々な問題や課題を持った子ども達にソーシャルスキルトレーニングや日々の生活訓練を行うことで、子ども達がより社会に最適な形で適応し、各々の得意を生かして生きられるように支援していきたいと考えております。
具体的には保護者様や、子ども達の社会の中心である学校の、先生方とも密に連絡を取り合い、時には保護者様とご面談の機会を設けるなどして、ご自宅、学校、ファーストドリームで協力体制を取り、より効果的に子ども達を支援していきたいと考えています。

おさむ先生

上級救命技能

児童発達支援、放課後等デイサービスにて約半年、指導員としての経験があります。

お子様を学校やご自宅までお迎えに行き、安全にご自宅までお送りする送迎業務や子ども達の発達を支援する指導員としての勤務経験があります。
子ども達の『夢』を支援するファーストドリームの理念に基づき、ただの預かりではない、しっかりとした療育を提供してまいります。

【子ども達への想い】
ただの預かりではないしっかりとした療育を提供し、子ども達の発達のデコボコを少しでも埋め、将来への夢や希望を支援していきたいと思っています。
放課後にただ遊んで過ごすのではなく、例えばルールやマナー、お友達との距離感や関わり方を学び、ケンカなどのトラブルが起きたときにどのように解決すれば良いのか、どうすればトラブルは起きなかったのかを子ども達に寄り添い、一人一人の発達のスピードに合わせた支援を行うことで、放課後の時間を有意義に使い、将来に役立つスキルや経験を身に付けてもらいたいと考えています。

さち先生

養護教諭第一種免許、保育士

大学の福祉学科卒業後、小中学校で健康推進教員(養護教諭の補佐)として、3年間勤務してきました。
教室にうまく馴染めない子や学習についていけない子を保健室で預かり、クラスでは行えないマンツーマンでの指導をしてきました。
学校では主に学習を支援してきましたが、多くの子と接する中でソーシャルスキルと呼ばれる対人関係に関する力を養ってあげることが子ども達にとって本当に必要なことなのではないかと考え、ファーストドリームを選びました。

【療育への想い】
子ども達にとって学校での勉強、学習は非常に大切なことですが、それだけでは将来自立して社会で生きていくことはできないのではないかと3年間の健康推進委員の勤務経験から感じました。
例えばお友達とうまく付き合えない、相手の意見をどうしても聞き入れることができずにその場から逃げ出してしまう、言葉が上手に出てこずにすぐにけんかになってしまうなど、様々な問題を抱えたお子様を見てきました。
そういった子に学校の外で、対人スキルや気持ちをコントロールする方法を教えてあげることが、その子にとっても社会にとっても非常に意味のあることであると考えています。

みさき先生

社会福祉士

大学卒業と同時に社会福祉士の資格を取得しました。
子ども達への専門的な療育をする上で、大学在学中に学んだ福祉学や社会福祉士としての知識を活かし、
今後は経験ともにより子ども達一人一人に合った質の高い療育を提供していきたいと考えています。

【夢への想い】
本来夢を持って成長していくべき子ども達が、その子自身の抱える課題によって夢を持つことすら許されない現状を変えていきたいと強く思って、ファーストドリームで働くことを決心しました。
一人一人の子が社会に出るのはもちろん、「学・遊・働」という明確な療育テーマに沿って、様々な知識や経験を積み(学)、楽しい集団活動から人との距離感や接し方を学び(遊)、自分の為だけでなく人の為に何かをしてあげる心を育む(働)ことで、子ども達の夢を支援していきたいと思っています。

ゆうき先生

心理学検定2級、
認定心理士、
養護教諭第一種免許状、
児童指導員、
身体障害者福祉司、
知的障害者福祉司

大学では心理学を学んできました。
カウンセリングなどの技術や在学中、卒業時に取得した資格や専門知識を用いて、子ども達を総合的に支援していきたいと思っています。

【子ども達への想い】
発達に心配を抱える子の対人スキルやコミュニケーションスキル、ルールやマナーの習得などの社会性の向上はもちろんのこと、保護者様などのその子を取り巻く環境を一貫して支援していきたいと考えています。
発達に心配を抱える子は、外での生きづらさはもちろんですが、ご家庭内でも保護者様の悩みは少なくないと思います。
「どうしたら問題行動が減るのだろうか」「少しでも落ち着いてほしい」「親の言うことを聞いてほしい」など悩みは様々あると思います。
そういったご家庭での声に耳を傾け、子どもからも保護者様からも信頼される先生を目指してまいります。

みつる先生

スクールスタッフ

自身にも子どもがいることから以前より児童福祉に興味がありました。
他の子より少し落ち着きがない、集中力がないだけで、その子が学校や大人になった後に社会で「生きづらさ」を感じている現状を変えていきたいと思っています。

【ファーストドリームへの想い】
「夢に向かって社会に羽ばたける子を育む」を理念とし、画一的な支援をするのではなく、一人一人の特徴を捉え、その子その子に合った支援をしていきたいと考えています。
ファーストドリームでは、ソーシャルスキルトレーニングや応用行動分析、TEACCH、ペアレントトレーニングなど様々な専門スキルと用い、一人一人に合ったスモールステップの療育を提供しています。
全ての子ども達が「生きやすい」よう、その子も社会も変えていけるようなスクールを作っていきたいと考えています。

あいか先生

スクールスタッフ

自身の友人に発達障害を抱えた人がおり、以前より発達障害や児童福祉の分野に興味がありました。
全ての子ども達が笑顔になり、一人一人の子ども達が自分らしく生きていける社会を作っていきたいと思っています。

【子どもへの想い】
子ども達は大人が思う以上にたくさんのことを感じ、学び、成長していきます。
しかし発達に心配のある子ども達は、その性格やその子の行動特性から、その経験をする機会が他の子に比べて少なくなってしまいがちです。
一人一人の子ども達が良いことも悪いこともファーストドリームでたくさん経験し、一つ一つを乗り越えられるように側で支えてあげることで、その子自身の将来の可能性を拡げてあげられるような支援をしていきたいと思っています。

よしひと先生

スクールスタッフ

自分の住む街、地域に貢献したいという想いが強く、5年以上に渡り、ボランティアで瑞江駅周辺の花壇の整備を江戸川区公認で行っております。
ファーストドリームでも江戸川区に住む子ども達が夢に向かって社会に羽ばたけるよう、地域貢献・社会貢献をしていきたいと思っております。

【子ども達への想い】
子ども達は将来の日本を担っていく大切な宝です。
その子ども達が将来に出て、活躍できるように支援することは最大の社会貢献だと思います。
一人一人の子ども達の想いに共感し、寄り添い、その子のできることを認め、苦手なところは一緒に乗り越えることで子ども達が自信を持って生きていけるような支援を目指してまいります。

かずよ先生

中学校教諭第一種免許(音楽)、
高等学校教諭一種免許(音楽)、
特別支援学校教諭二種免許、
中学校教諭一種免許(英語)、
高等学校教諭一種免許(英語)

民間での音楽講師を約16年、その後定年退職まで小学校や養護学校、盲学校で約16年の勤務経験があります。

音楽は子ども達の感性を育てるのにとても適したプログラムです。
民間の音楽講師や小学校で長年子ども達に音楽を教えてきた経験を活かして、発達に心配のある子ども達に向けた音楽療法を提供していきたいと思っています。

【療育への想い】
発達に心配のある子ども達に音楽を用いた療育・支援を提供していきたいと思います。
音楽にはリラックスしたり、人と協調したり、感性を育んだりと子ども達の成長にとても重要な要素を持っております。
ファーストドリームに通う子ども達にも音楽の楽しさを知ったり、みんなと音楽を楽しむことから人との関わりを学んだり、様々な楽器や歌を用いて感性を育むことでの「こころ」の発育を支援していきたいと思っています。

かえで先生

児童指導員

大学院で心理学を学んでおり、現在も臨床心理士を目指しております。
実習で小学3年生から6年生の発達に心配のある子ども達への療育や自閉症スペクトラムを抱えた小学生と一対一での関わりをしてきた経験があります。

【療育への想い】
専門とする臨床心理学の知識が存分に活かせる場として、ファーストドリームを選びました。
子ども達の抱える悩みや子ども達自身も気づかない辛さや苦しさに寄り添い、支えながら、どうしたら少しでも楽になるのかを考え、一緒に解決に向かう方法を考えていきたいと思います。
学校やご家庭での生きづらさを少しでも軽減し、より夢に向かって、将来に向かって力強く進むための原動力になればと思っています。

よしひさ先生

スクールスタッフ

国内外でスキューバダイビングのインストラクターをしていた経験があり、そこで様々な子ども達と関わってきました。
中には発達に心配のあるお子様もおり、一人一人のお子様ができるようになった、成長した時の喜びを共に感じる経験から療育に携わりたいという思いを持つようになりました。

【子どもへの想い】
自身も子を持つ親として、PTA活動や学校行事に積極的に携わってきました。
子ども達一人一人に夢を持つ大切さを伝え、その夢を聞き、共感し、将来社会へ向かって羽ばたくための支援をしていきたいと考えています。
子ども達の成長を支援し、共にその喜びを分かち合っていきたいと思います。

まさかず先生

中学校教諭第一種免許、
高等学校教諭第一種免許、
養護学校教諭第一種免許、
訪問介護員2級

中学校の特別支援学級での勤務経験の他、知的障碍者、心身障碍者を支援する施設や放課後等デイサービスなど、様々な福祉現場を20 年以上経験してきました。
放課後等デイサービスでは児童発達支援管理責任者として勤務していた経験もあり、子ども達一人一人に向き合って療育を行ってきました。

【療育への想い】
ファーストドリームでは様々な資格や経験を持った先生達が活躍しており、その中で自身も過去の経験や資格を活かし、子ども達の将来の可能性を拡げる手助けをしたいと考えています。
児童発達支援管理責任者として勤務していた経験を活かし、子ども達の療育方針の決定や学校や家庭を含めた包括的な支援など、様々な角度から子ども達の生きづらさを取り除いてあげたいと考えています。

こうき先生

児童指導員

児童館で約6 年間、小学生~高校生まで幅広い子ども達と接してきた経験があります。
その中には発達に心配のあるお子様や家庭環境に問題を抱えたお子様など、様々な事情を持つ子ども達が数多くいました。
一人一人の子ども達の表面的な課題だけでなく、心に抱えた負担を取り除いてあげられるような支援を目指していきます。

【療育への想い】
子ども達にとって最も大切なのは将来働く力、社会へ羽ばたく力を身に付けることだと考えています。
その為に子ども達へ専門的な療育・支援を行うのはもちろんのこと、保護者の方とも何が課題なのか、どんな悩みがあるのかをお話し、子ども達の成長する道を示してあげたいと考えています。
子ども達が何か失敗してしまったときには「なぜ失敗したのか」を共に考え、出来たことは思い切り褒めてあげることで、子ども達に次への活力を持たせ、子ども達の自主性・自発性を育てていきたいと考えています。

だいち先生

中学校教諭第一種免許状(国語)、
高等学校教諭第一種免許状(国語)

学習塾の講師を約2年経験した後、高等学校の教諭としても約2年勤務しておりました。
私立学園で生徒の中にも発達に心配のある子ども達が数多くおり、後頭部に併設されたフリースクールには小中学生も通っており、小学生から高校生までの子ども達に学校教諭として関わりを持ってきました。

【ファーストドリームへの想い】
放課後等デイサービスに制度としての可能性を感じてファーストドリームを選びました。
新しく始まったばかりの事業で、児童発達支援や就労支援も含めると、子ども達の総合的な人生設計に関われることや利用者としても国からの補助金が出ることでとても利用しやすい制度であることから、放課後等デイサービスで今まで培ってきた知識や経験を活かしたいと考えています。
スタッフ間だけでなく、保護者様や各関係機関とも連携し、子ども達の明るい未来を築いていきたいと考えています。

かずみ先生

中学校教諭第一種免許状(国語)、
高等学校教諭第一種免許状(国語)

予備校や高等学校で教師として6年間、学習塾で講師として3年間、子ども達に学習支援を行ってきました。また、介護職員として3年間の勤務経験があります。
3年前から発達障害の子ども達に学習支援を行ってきました。その経験をファーストドリームでも生かしていきたいと考えております。

【療育への思い】
放課後に子ども達が楽しめる場を提供することも大切ですが、発達障害の子ども達と接していく中で、それ以上に、より専門性のある療育を提供していくことで、子ども達の“生きづらさ”を解消していきたいと思うようになりました。

今まで経験してきた学習支援に限らず、多方面から子ども達を支援し、夢に向かって社会に羽ばたける子を育んでいきたいと考えております。

せつこ先生

幼稚園教諭、
保育士

幼稚園で8年間勤務していました。

幼稚園に留まらず、子どもと関わる仕事がしたいと思い、体育教室に9年間、学習支援を12年間行ってきました。

学習支援においては、小学校の学習サポーターとして通常級に通う子ども達への支援だけでなく、自ら学習塾を開設して、LD(学習障がい)や自閉症の子供たちへの支援を行ってきました。
ファーストドリームではその経験を活かして、子ども達に支援をしていきたいと思います。

【ファーストドリームへの思い】
ファーストドリームでは、外部講師を招いて、音楽に合わせて身体を動かすリトミックや体操教室を行っています。その他にも、英語教室や書道教室などの文化的活動を組み込み、子ども達にたくさんの経験をしてもらうことで、興味・関心の幅を広げ、子ども達の情操を育みます。

子ども達の興味や夢を尊重し、子ども達が夢に向かって頑張れる療育環境を整えていきたいと考えております。

ゆきこ先生

幼稚園教諭、
保育士

幼稚園、保育園で約6年勤務した経験があります。
また、自身の子育ての経験も活かして子ども達の成長の手助けをしたいと考えております。

【子どもへの思い】
自身も子育てをしており、周囲で発達に心配の抱える子ども達を見かけるようになり、この子達に何かしてあげられることはないかと思い、ファーストドリームを選びました。
幼稚園、保育園で働いてきた経験を基に、机上の勉強だけでは学べない人との関わり、距離感、適切なコミュニケーションの力を伸ばしていってあげたいと思っています。

あきこ先生

幼稚園教諭、
保育士、
重度訪問介護従業者講習受講者

託児所や放課後等デイサービスで子ども達と直接関わる仕事や、高齢者介護のデイサービスや重度訪問介護を経験してきました。

今まで、子ども~高齢者まで幅広い年代の方へ肢体に不自由のある方への生活支援を主に行ってきました。その経験をファーストドリームでも生かしていきたいと考えております。

【ファーストドリームへの思い】
今まで、主に食事の補助等の生活支援を行ってまいりましたが、支援を行っていく中で、生活支援だけでなく、より、子ども達の生活に即した『療育』を行いたいと考えるようになりました。

ファーストドリームでは、ただの『預かり』ではなく、『学・遊・働』のテーマを設定して、療育を行っています。子ども達が「学」んで、「遊」び、将来一人立ちして「働」くことができる環境を提供していきたいと考えています。

かずみ先生

介護福祉士

主に高齢者介護を約13年経験しております。
自閉症を抱える人が幼少期より身近におり、当時は世間の認知度が低く、適切な支援が受けられていなかったものの、大人になり世の中も変わってきたことで、その人が適切な支援を受けられるようになり、笑顔が多くなるなど、とても良い方向に変わったのを見て、自身も発達に心配のある子ども達に早期から支援を提供することで、子ども達を良い方向に導いてあげたいと考えるようになりました。

【療育への思い】
発達に心配を抱える子は幼少期など、出来る限り早い段階から適切な支援を提供することで、確実に良い方向、社会で活躍できる道へと導いてあげることができます。
どうしても自分の衝動性や多動性を抑えることのできない子を頭ごなしに叱っても何も良いことはありません。
その子の思いを聞き、なぜそうなってしまったのか、どうすれば良かったのかを共に考え、説得するのではなく、子ども自身が納得できる答えを一緒に見つけてあげることで、一歩一歩成長の手助けをしていきたいと考えています。

まさみ先生

スクールスタッフ

放課後等デイサービスの指導員として約2年勤務していました。

放課後等デイサービスに通ってくる子ども達は、人とのコミュニケーションや、じっとしていることが苦手な子ども達です。そういった子ども達それぞれの個性に合わせてマイナスをプラスにすることが出来るように取り組んできました。

【子どもへの思い】
幼少期より人の役に立つことが大好きで、いつかは人と深くかかわる仕事をやってみたいと思っていました。

子ども達の小さな一歩は、いずれ大きな一歩になります。明るく前向きに子ども達が楽しみながら成長できるお手伝いをしながら、子ども達の成長の様子を間近で応援していきたいと思います。

ちから先生

児童指導員

今まで、特別支援学校や特別支援学級において、授業の運営補助や生徒・児童介助の仕事を10年以上してまいりました。そこでの経験を活かして、より、子ども達に寄り添った支援をしたいと思っています。

【ファーストドリームへの想い】
ファーストドリームでは、子ども達の“夢”を大切にしています。
たくさんの夢を持ち、将来への大きな可能性を持つ子ども達。その子ども達がみんな夢に向かって頑張れる社会を作りたいと思っています。
そういった中で発達に心配のある子、例えば人より少し感情のコントロールが苦手であったり、学校などでの一斉指示が入りにくい、じっとしているのが苦手な子達が社会から取り残されてしまうのではなく、その子自身の得意な部分を活かし、育ててあげることで社会の一員として大きく羽ばたいていってもらえる社会を作りたいと考えてます。
0~6際の未就学児大募集
ファーストドリーム コラム