コラム

発達障がい
発達障がいとは?
知的障がい、身体障がい、精神障がいなどの障がいの種類の一つで、その中には自閉症スペクトラムやADHD(注意欠陥多動症)、LD(学習障がい)と呼ばれるものなどがあります。
≪続きはこちらから・・・≫
自閉症スペクトラム
自閉症スペクトラムとは?
自閉症スペクトラムとは対人コミュニケーションに困難さがあり、限定された行動、興味、反復行動がある障がいです。
≪続きはこちらから・・・≫
高機能自閉症
高機能自閉症とは?
高機能自閉症というのは、知的障がいを伴わない自閉症を指す言葉です。高機能という単語に惑わされがちですが、一般より能力が高いといった意味は含みません。
≪続きはこちらから・・・≫
ADHD(注意欠陥多動症)
ADHD(注意欠陥多動症)とは?
意欠陥他動症とは発達障がいの一種で、その名称からも読み取れるように、年齢に見合わない不注意さや多動性(好きなこと以外に対する集中力がなく、ほとんど関心や興味を示さない)、衝動性(思いついたことをよく考えずに即座に行動に移してしまう)によって、職場や家庭での日常生活に支障をきたしてしまう状態をいいます。
≪続きはこちらから・・・≫
LD(学習障がい)
LD(学習障がい)とディスレクシア、読み書き障がいとは?
LD(学習障がい)にはディスレクシア(読み書き障がい)、算数障がい、知的障がいなどがあります。その対応について確認していきましょう。
≪続きはこちらから・・・≫
知的障がい
知的障がいとは?
知的障がいとは発達期において知的能力に遅滞が生じること、遅滞が明らかであること、遅滞により適応行動が困難であることの3つの要件とするものが多いです。
≪続きはこちらから・・・≫
アスペルガー症候群
アスペルガー症候群とは?
アスペルガー症候群は発達障がいの一つです。アスペルガー症候群は比較的最近になって理解され始めた発達障がいといえます。
≪続きはこちらから・・・≫
療育
療育とは〜その効果と子どもに対する適した接し方とは?
発達に心配のある子ども達に対して、苦手なところ、人より遅れているところなどの発達の凸凹を埋めていくことで、子ども達が将来社会で自立し、活躍できるような「治療」と「教育」の二つの側面を持った指導・支援のことです。
≪続きはこちらから・・・≫
ペアレントトレーニングとは?
ペアレントトレーニングとは〜その効果と子どもに対する適した接し方とは?
発達障がい児をもつ親のための子どもの育て方、ペアレントトレーニング及びその効果と子どもに適した接し方をご紹介いたします。
≪続きはこちらから・・・≫
TEACCH
TEACCHとは?
現在、発達障がいの子どもの多くが、療育と呼ばれるトレーニングを受けています。療育とは、治療教育の略称で、子どもの持つ個々の力を伸ばしながら、できることを一つ一つ増やしていき、その子なりのレベルで地域社会のなかで自立した生活を営むことができるようにサポートする方法です。
≪続きはこちらから・・・≫
ABA(応用行動分析)
ABA(応用行動分析)とは?
ABA(応用行動分析)とは行動問題に対して、その行動に着目するのではなく、行動の前後の出来事に着目することによって、望ましくない行動を減らしたり、望ましい行動を増やしたりするための療育方法の一つです。
≪続きはこちらから・・・≫
0~6際の未就学児大募集
ファーストドリーム コラム
発達障がい
自閉症スペクトラム
高機能自閉症
ADHD(注意欠陥多動性障がい)
LD(学習障がい)
知的障がい
アスペルガー症候群
療育
ペアレントトレーニング
TEACCH
ABA(応用行動分析)